お中元ギフトは、7月の初めから15日までに贈るのが一般的です。しかし最近では6月からギフト選びを行うなど、贈る時期が早まっています。また関西地方などで8月にお盆をする地域では、1ヶ月遅れて8月1日から15日までに贈ることもあります。お中元ギフトの選び方ですが、贈る相手の状況に合わせるのが良いです。

季節感を重視するだけでなく、健康を気遣ったり相手の好きな食べ物を贈ったりします。予算は3000円~5000円が平均ですが、特に決まりがあるわけではなく、値段が安くても気持ちがこもった贈り物をする人も多いです。夏場にピッタリの品物には、そうめんがあります。相手が夏バテになっている場合に喜ばれます。

また成人に贈るものとして定番なのが、お酒です。最近ではビールも糖質をカットするなど、健康を意識した商品があるので選びやすいです。本来はギフトを持参して、家に直接挨拶に行きますが、遠方に住む人や仕事が忙しい人などは、インターネットで注文して直送することが主流です。直送する場合は、挨拶状を同封します。

または手紙やハガキを書いてポストに投函します。挨拶状の内容には、挨拶の他に何をいつ贈ったかを書くと、相手が商品を扱いやすいです。特に生鮮食品など賞味期限の短いもので役に立つ情報です。お中元はもらっても返す決まりはありません。

ただし無事に到着したことや、相手に対する感謝を電話などで伝えます。お礼状を書くとさらに美しいマナーとして評価されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です