日常生活の色々なシーンで、ギフトを贈る事があります。その際に、貰った方に喜んで貰える物をとあれこれ考えるものでしょう。その場合も、それぞれにシーンに合わせた決まり事があるのを忘れてはいけません。冠婚葬祭や、お見舞、快気祝い等々、それぞれに決まり事があります。

例えば、お見舞には鉢植えはいけない言うのは誰でも知っている事です。根付く=寝付くと言われ、忌み嫌われるのです。こんな様に、昔から日本人は縁起や語呂を気にする文化の中で生活しています。若い方の中には、気にしないで自由にギフトを楽しむ風習が出来上がってきています。

しかし、ギフトを贈る相手は同年代だけとは限りません。昔からのタブーをわざわざ破ってまで贈る事は避けたいものです。さて、では何を贈るのか、何を贈れば喜ばれるのかと悩む事でしょう。これまた色々な考え方があり、難しい所です。

そんな時に考えたいのは、どの程度の金額の物を贈るかでしょう。安すぎるからと嫌がられる事は少ない物ですが、高価すぎるプレゼントも相手を途惑わせます。TPOに併せ、相手が驚かない程度のギフト選びをする事が大切です。受け取り人を良く知っている場合は、その方の趣味の物を贈る事は大変喜ばれる物です。

しかし単なる知人程度で、お礼として贈りたい場合は無難な物を選ぶ事も必要です。例えば珈琲を贈ったとします。受け取り人は紅茶しか飲まないという事も充分有り得るのです。貰って困る様な物は極力避けて選ぶべきです。

なかなか難しいギフト選び、まずは貰った方の立場になって選ぶことからはじめましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です