新橋の鉄板焼きでは、価格的にリーズナブルな店舗から高級料理に分類されるメニューを提供する店舗まで多数存在します。つまりサラリーマンの街であるため、他の地域と比較しても幅広いお客さんのニーズに対応している店舗が存在する点が魅力的です。客席の前方部に鉄板が設置され、そこに油を敷いて調理を行い、その鉄板によって加熱した料理をそのまま熱いうちに食べることができるとして、グルメ通にとっても人気の店舗です。主に新橋の鉄板焼きと言えば、ステーキが主流で銀座に近いこともあり、高級感がある店舗も多く見られます。

一方では東京の下町で愛されてきたもんじゃ焼き、お好み焼きを食する店舗も存在し、市場にも近いこともあり魚貝類などの鉄板焼きの店舗も新橋では見かけることも多いです。昼時からサラリーマンが食することは贅沢となりますが、接待などでも喜ばれることも多く、よく活用されています。新橋の鉄板焼きでの調理法は、主に食材を鉄板で加熱しますがあまり加熱時には食材には触れず、加熱のバランスを整えるため、ひっくり返す時だけ食材に触る点を心掛けています。またやきそばなどでもじわじわと焼く形で加熱していき、若干の焦げる一歩手間にかき混ぜるパターンが多いです。

これは食材は焦げる一歩手間が美味しいという点からで、家庭のフライパンではなかなか調理するのが難しいことを鉄板を用いて実現してくれます。なお新橋の美味しい鉄板焼きの店は、機関車がある方の西口エリアに集中して存在する傾向が見られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です