日比谷周辺には、多くの居酒屋が営業しています。営業スタイルは様々ですが、オープンキッチンで鉄板焼きを提供するお店が、近年では増加しています。目の前の鉄板で料理人やシェフが腕を振るうスタイルで、さまざまな演出も必見です。料理人は、海外での調理経験も豊かで、ワインやソースの知識も持っておられます。

提供される料理は一級品ですが、接客スタイルが堅苦しくなく、また来たいと思える雰囲気作りを大切にしています。そのため、接待やデートとしても使いやすいお店が多く営業しています。鉄板焼きに用いられる食材として、希少部位のステーキや新鮮な魚介がメインとなります。ステーキは国産牛のみを使っており、レアの状態で振る舞われます。

魚介は、エビや貝などを中心にいただくことができます。野菜のサラダや前菜のメニューも多く、女性やお年寄りが食べやすい工夫がなされています。提携する農場で収穫された無農薬野菜が自慢で、健康や美容への配慮がなされています。日比谷では、全てを手作りにこだわった、鉄板焼きのお店を楽しむことができます。

ドレッシングやソースは、料理長やオーナーの研究から見出されたもので、日々新しい味を追求しています。冷凍ものの食材は使わず、自らの手で加工や調理を徹底しています。料理に対する探究心が高く、新たなジャンルの味を模索しています。日比谷の鉄板焼き店では、著名人やスポーツ選手が訪問することもあり、店内にはユニフォームやサインが入った額縁が多数飾ってあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です