居酒屋のメニューをご覧になったことがありますか。全国に支店を構えてる大手の居酒屋のメニューは覚えきれないくらい豊富です。お酒の種類は日本酒、地酒、カクテル、サワー、ビールなどだけでも数十種類を超えてるほどです。食事メニューも主食になるご飯ものから始まり、ピザ、卵焼き、焼き鳥、焼き魚、唐揚げなどのおかずやサラダも数種類、サイドメニューの冷奴や枝豆などの一般的なのも含め、その土地のおいしいものなどもありますので目移りしてしまうくらいあります。

家庭料理を出してる居酒屋であれば、インスタントな味付けではなく、家庭的な味付けなのでそれも楽しめますね。食通と称する人は、こういった地元料理こそ制して欲しいものです。唐揚げは甘辛、醤油と生姜、鶏ガラとコンソメ味などお店によって様々です。その店の味をたっぷり堪能してコメントを残せるくらいになってやっとその店の「通(つう)」と言えるのではないでしょうか。

居酒屋って、夜だけじゃないんですよ。24時間営業していて朝も昼も飲めるお店もあります。そのようお店は朝は朝ごはんのようなメニューがあったり。例えばシャケと大根おろしがお通しになってるような状態ですね。

朝らしいメニューですね。夜勤が終わって朝に家に帰る人がよく利用してるようです。昼は昼らしいメニューになってることもあります。毎日行っても飽きないくらい豊富なメニューを用意されてますので、数回通わないと全メニューを食べきれないですね。

何度も足を運ぶことにより、店主との会話が弾んだりしてそれも楽しめます。会話をすることで店のイメージが変わるということもありますね。何度も通うことにより味わい方が変わってくるのが居酒屋です。食通を目指して自分流の楽しみ方を探してみたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です